学校概要

学校外観

アポロ歯科衛生士専門学校は、昭和38年に創立された歴史ある学校です。 創立以来53年間で3,167名の歯科衛生士を輩出。国家試験の合格はもちろん、細やかな技術指導とタイプの異なる多くの校外臨床実習先を準備して、即戦力となる歯科衛生士を育成しています。

本校入学者の出身高校

概要

設置者
学校法人 アポロ学園
学校名
アポロ歯科衛生士専門学校
学科
歯科衛生学科(昼3年)
住所
〒164-0002 東京都中野区上高田4丁目15-4
電話番号
03-3385-0814
理事長
用正 康彦
校長
山根 瞳

沿革

1963年
財団法人アポロ学園歯科衛生士学校開校(1年制)
1980年
新校舎完成2年制に移行
1987年
学校法人認可。アポロ歯科衛生士専門学校と改称
1992年
第一回歯科衛生士国家試験実施
2009年
3年制に移行
2013年
創立50周年

本校の指針

  1. 歯科衛生士の社会的使命を理解し、豊かな人間性を身につけること。
  2. 将来にわたって人々の健康にかかわる大切な仕事につくという自覚を持つこと。
  3. 基本的な知識、確かな技術の修得に努めるとともに思いやりの心を育てること。
  4. 自分自身の素養、人格の向上に努力を惜しまず励むこと。
  5. 「健全な精神は健全な身体に宿る」を範とし、日頃から社会人としての礼儀礼節を身につけるよう努力すること。

理事長あいさつ

理事長 用正靖彦
理事長 用正靖彦

本校は昭和38 年、前校長の小池きく子先生により、歯科衛生士養成のための財団法人アポロ学園歯科衛生士学校として設立されました。教育内容と設備の充実に努め、徹底した現場主義の教育で50 年が経過しました。時代は少子高齢社会へと変化し、高度な技術と知識を持つ歯科衛生士を求めています。こうしたニーズに応えるため本校は、卒業後すぐに即戦力として活躍できるよう編成されたカリキュラムと充実した医療設備、高度な臨床実習を特色とし、誇りとしています。本校では、歯科衛生士に必要な知識と心構えを、3 年間を通してじっくりと学ぶ事ができます。国家資格の取得はもちろん、自分の目的を認識し仲間達と共に夢に向かって努力できる人の入学を心から歓迎します。

校名の由来

ローマ帝国の時代、エジプトのアレキサンドリアにアポロニアという若くて美しい女性がいました。固い信念を持ったキリスト教徒でしたが、迫害にあい、歯を抜かれて殉教しました。亡くなって50 年後の紀元300年に聖列に加えられ、歯の神様として今でも信仰されています。アポロ歯科衛生士専門学校の「アポロ」は、この「聖アポロニア」からいただいたものです。